本文の開始

高速路線バス事業(空港アクセスバス) 運輸安全マネジメントに関する取組み

成田空港・羽田空港・T-CAT(箱崎)・東京駅・品川駅など
リムジン・高速路線バス・ミート&アシストサービスなどの旅客サービスを提供しております。

高速路線バス事業(空港アクセスバス)

トップページ > 高速路線バス事業(空港アクセスバス) > 安全への取り組み > 運輸安全マネジメントに関する取組み

運輸安全マネジメントに関する取り組みについて

平成29年4月1日
株式会社リムジンパッセンジャーサービス

株式会社リムジンパッセンジャーサービスは、輸送の安全を確保することが最も重要であることを自覚し、以下のとおり全社員が一丸となって絶えず輸送の安全性の向上に取り組んでまいります。

1.輸送の安全に関する基本的な方針

当社は、輸送の安全について次のとおり基本的な方針を定め、全社員に十分周知させます。

  1. 社長は、輸送の安全の確保が事業経営の根幹であることを深く認識し、社内において輸送の安全の確保に主導的な役割を果たしてまいります。
    また、営業所における安全に関する声に真摯に耳を傾けるなど現業部門の状況を十分に踏まえつつ、社員に対し輸送の安全の確保が最も重要であるという意識を徹底させます。
  2. 会社は、輸送の安全に関する計画の策定、実行、チェック、改善(Plan Do Check Act)を確実に実施し、安全対策を不断に見直すとともに、全社員が一丸となって業務を遂行することにより、絶えず輸送の安全性の向上に努めてまいります。
    また、輸送の安全に関する情報については、積極的に公表します。

<安全に関する基本方針>

  • 当社は、輸送の安全確保をすべてにおいて最優先します
  • 当社は、社員一人一人が関係法令及び社内規定を遵守します
  • 当社は、絶えず安全マネジメント体制の継続的改善(PDCAサイクル)を図ります

2.輸送の安全に関する重点施策

当社は、輸送の安全に関する基本的な方針に基づき、下記の事項を実施いたします。

  1. 輸送の安全の確保が最も重要であるという意識を徹底し、関係法令及び安全管理規程に定められた事項を遵守いたします。
  2. 輸送の安全に関する費用支出及び投資を積極的かつ効率的に行うよう努めます。
  3. 輸送の安全に関する内部監査を行い、必要な是正措置又は予防措置を講じます。
  4. 輸送の安全に関する情報の連絡体制を確立し、社内において必要な情報を伝達、共有いたします。
  5. 輸送の安全に関する教育及び研修に関する具体的な計画を策定し、これを適確に実施したします。
  6. 会社は、関係企業と密接に協力し、輸送の安全性の向上に努めます。

3.輸送の安全に関する目標

(前年度の目標の達成状況及び今年度の目標)

  1. 平成28年度の目標の達成状況 (平成28年1月〜平成28年12月)
    平成28年度は加害事故を対前年比15%以上に削減することを目標に設定し、全社を挙げて安全の確保に努めてまいりました。その結果、ガードレールへの接触事故等の軽微な事故が増加となり目標を達成することができませんでした。
  2. 平成29年度の目標 (平成29年1月〜平成29年12月)
    平成28年度の状況を鑑みて、平成29年度は加害事故件数を対前年度比30%以上に削減することを目標に設定し、事故防止に不断の取り組みを講じ、徹底した実践で安全の確保に努めます。

4.事故統計

(自動車事故報告規則第2条に規定する事故)

  1. 平成28年度 加害事故 0件
  2. 平成28年度 被害事故 0件
  3. 平成28年度 車両故障 1件

5.輸送の安全に関する計画

輸送の安全に関する目標を達成すべく、次の通り輸送の安全に関する計画を策定しました。

  1. 乗務員の健康管理
    乗務員の健康管理については、年2回の健康診断、睡眠時無呼吸症候群(SAS)のスクリーニング検査、ストレスチェック等を実施します。
  2. 乗務員研修・教育計画
    1. 乗務員の安全意識を啓蒙することを目的に、安全運転の心構えや基本動作・事故防止策・健康管理等、「運転者に対して行う指導及び監督の指針」に沿い策定した年間教育計画に基づき、毎月1回以上の社内研修を実施し、併せて添乗や巡回の実施で指導効果を確認します。
    2. 新任乗務員、事故惹起者等について、一定期間の社内研修を実施します。
    3. 乗務員は計画的に適性診断を受診します。また、その結果に基づき管理者が個別指導・助言を行います。
    4. 乗務員の安全運転に関する知識と技術を向上させる為、計画的に外部機関(安全運転中央研修所)による安全運転研修を実施します。
  3. 管理者研修
    1. 運行管理者、整備管理者並びに各補助者に運輸規則等に定められた研修を計画的に実施します。
    2. 管理職、指導職の資質向上及び意識の共有を図る為、社内研修を計画的に実施します。また、安全意識を向上させる為、安全マネジメントに関する社外の講習会等へ積極的に参加します。
  4. 事故防止運動
    全社的に年4回の安全運動を実施します。
     ・春の全国交通安全運動: 4月   ・夏季の輸送安全総点検 : 7月
     ・秋の全国交通安全運動: 9月   ・年末年始輸送安全総点検:12月
  5. サービス向上運動
    接客マナーの向上は安全に繋がるとの考えから、全社員の接客マナー向上を目的として、「フレンドリーサービス運動」をユニバーサルサービスへ対応していく「フレンドリー・フォー・オール〈全てのお客様へ親切、優しく、礼儀正しく〉運動」へと発展させています。毎年4月、10月の「フレンドリーサービス強化月間」もこの運動の徹底を図ることとし、関連会社も協力して挨拶運動、サンキューカード運動等を実施しサービス向上に努めます。
  6. 飲酒運転の防止対策
    飲酒運転根絶対策として、「飲酒運転防止対策マニュアル」に基づき、始業・終業時及び仮眠前後には、アルコールチェッカーでの厳正なチェックを実施します。同時に運転免許証認証システムを連動させ、免許証の有効期限確認管理を実施します。
    また、「点呼時におけるアルコール検知器の使用義務化」に伴い、出先(宿泊)場所では顔が確認できるモバイル型のアルコール検知器を設置して、測定結果を瞬時に転送する管理を行います。
  7. 運転記録証明書
    毎年、運行に携わる全社員について運転記録証明書の取得を義務付け、勤務外における法令違反の有無を確認し、分析の活用及び安全運転意識の向上に努めます。
  8. ドライブレコーダーの活用
    当社では事故の分析や予防及びエコ安全運転等、運転意識の改善を図る目的で、全車両に搭載したドライブレコーダーで取得した事故やヒヤリハット映像他、運行データを乗務員の安全運転教育に有効活用します。
  9. 各会議の開催
    1. 安全推進会議
      原則として四半期毎に開催して、安全確保の運営状況等を確認協議し、輸送の安全に関する計画の策定と実行を繰り返しチェックして改善に繋げ、絶えず安全性の向上を図ります。
    2. グループ協議会
      一般乗合旅客自動車運送事業の管理の受委託開始に伴い、毎月、委託者(東京空港交通梶jとのグループ協議会を開催し、輸送の安全に関する意見交換と情報共有を行い安全性の向上に取組んで参ります。
    3. 運輸調査委員会
      バス乗務員、運行管理者及びその補助者、整備管理者及びその補助者などに関する事故や不具合事象、健康状態等に起因する就労状況等に関する事象が発生した場合、その都度、事実関係を調査のうえ委員会を開催し、その結果を社長に報告して参ります。
    4. 運行管理者会議
      安全統括管理者を交えて毎月、運行管理者会議を開催し、安全推進会議、グループ協議会の内容並びに事故事例の分析・再発防止策の策定及びサービス向上等に努めます。
    5. 班ミーティング
      毎月、営業所長が中心となり、安全並びにサービスに関する班ミーティングを開催して、乗務員への輸送の安全に関する教育指導を図るとともに、乗務員とのコミュニケーションの強化を進め情報共有を実施して参ります。

6.輸送の安全に関する予算等の投資額

輸送の安全に関する費用支出及び投資を積極的かつ効率的に行います。平成26年度の輸送の安全向上を目的に投資実績額及び平成27年度の投資計画は次の通りです。

  1. 平成28年度投資実績額 61,832千円(新車購入費含む)
  2. 平成29年度投資計画額 30,000千円

7.輸送の安全に関する組織体制と指揮命令系統

輸送の安全に関する組織体制と指揮命令系統については、「安全管理体制図」の通りです。

8.安全統括管理者及び安全管理規程

  1. 道路運送法第22条の2 第4項の規程により、次の通り安全統括管理者を選任しています。
    安全統括管理者 専務取締役 河野 毅(平成28年3月25日選任)
  2. 道路運送法第22条の2 第1項の規程に基づき、「安全管理規程」の通り定めています。

9.災害・事故の報告連絡体制

災害・事故の報告連絡体制については、「災害・事故対策連絡図」の通り定めています。

10.輸送の安全に関する内部監査

安全管理規程に基づき、年1回以上計画的に安全マネジメントの実施状況等を点検します。

平成28年度は、第4四半期に定期監査を実施し、運行現業部門に対し輸送の安全を確保する為の業務の実施及び管理状況が適切かどうか、事故等の再発防止策の効果について確認を実施しました。

  1. 監査実施者
    安全統括管理者から指名させた安全推進会議議長が責任者となり、安全管理委員、委員会事務局のメンバーが監査人となり実施しました。
  2. 監査結果
    安全マネジメントの趣旨を理解し、安全目標並びに目標の達成に向けた施策を策定して、輸送の安全確保に取り組んでおり、概ね適切であることが確認されました。
    被監査部所に認められた是正すべき事項等は速やかに経営トップ迄報告するとともに、順次改善策を講じております。

以上

このページのTOPへ


ページの終了